お問い合わせはこちらまで

TEL.023-673-9683
FAX.023-673-9673

こんな方が来ていますCase

手が痛い

手が痛い 40代 女性 スーパー勤務

40代 女性

手が痛いし、痺れがあると言って来院した。問診をするとスーパーに勤務をしている。年末から忙しかった。と言う事であった。

身体を診てみると確かに手と言うか腕全体的に筋肉が緊張状態であった。

腕の痛みや痺れに関して言えば、その場所だけを診てもほとんど意味がない。まして、サポーターの意味もない。何故、そこが痛みや痺れがあるのかを追求しないと駄目なのである。手や腕は、その上位の筋肉が関係している。その部分にきちんとしたアプローチをしないと良い結果が出ない。そうすると、身体がそれに慣れるかもしくは悪化するだけなのである。

この患者さんに対してアプローチをすると1回で良い結果が出た。ただし、仕事で腕を頻繁に使う事から定期的にアプローチを受ける事を伝えた。

きつい言い方かもしれないが、きちんとしたアプローチを受けないと良くはならない。

 

足が痛い・シンスプリント

中学生 女子 足が痛い・歩くのも辛い

部活の最中に足が痛いため歩けない状態であった。整形外科に行き診断名は付けられたとの事であった。身体を診てみると足のすねの内側から足の甲の内側に強い痛みが有った。触れるだけで痛みが強かった。これだけを診ると足だけに思われがちであるが違うのである。

それは、人は歩く時にまずは腰の筋肉を使って太ももを挙げる。その後、膝を曲げ歩行に入る。つまり、歩行をするために重要な事は、腰の筋肉であると言う事である。この事から言える事は、腰の筋肉が悪ければ歩行に影響をきたす。すると、無理やり足を挙げようと他の筋肉で代償的な働きをする。最終的には、膝下の組織を使い歩行を行う。これにより、シンスプリント(足の痛み)になると考えられる。

この事をこの子と親御さんに説明をする。そしてすぐに結果を求めるのであればアプローチはきついものになる事も説明をした。そしてアプローチを行った。アプローチの終盤に本人に痛みを確認するとなかなか返事が来ない。本人に「痛みをここでは正直に言って良いんだよ。それに痛みを伝える事も勉強の1つだよ。遠慮は、いりません。」と伝えた。すると、まだ痛みが有るという事なのでアプローチを続けた。その後、「どう?」と聞くと顔色ががらりと変わって笑顔になり「大丈夫です。」との事であった。こういう子供たちの笑顔が良い。正直に表情に出る。

アプローチ後、親御さんに全部を伝える。その中で親御さんに「痛いと言える環境を作ってください。でないと、子供は、話さなくなってしまい、無駄に我慢します。今回がそうです。このままだと運動をする事ですら心が折れ諦めてしまいます。」と伝えた。子供にも「ちゃんと痛みを伝えなさい。」と伝えた。

このように子供に痛みを素直に言える環境を作ることが非常に重要な事であると考える。これが、大人の責任ではないであろうか?私は、常に思うし、傷付いて子供を見ると心が痛む。

ちなみにこの子は、3回のアプローチで身体の動きが変わり始めた。それにより部活も始めた。また、自分で意思表示をする事が出来るようになった。

 

 

 

 

ファミリー整体院より一言・・・🍀

ファミリー整体院では、一か所のみをアプローチするのではなく

全身を診ていきます。

そして、痛みの原因は全身を整えることが重要となる場合がほとんどです。

苦痛がなく生活できるようにサポートさせていただきます。

是非ご相談ください。

~ファミリー整体院~

山形市五十鈴3丁目11-21-2

予約制になっておりますのでご連絡お願い致します。

023-673-9683

予約フォーム
http://familyseikotuin.jp/contact/

 

HPのお問い合わせ・ラインアットからもご予約可能です!

 

ファミリー整体院 Twitter

https://twitter.com/familyseitaiin