お問い合わせはこちらまで

TEL.023-673-9683
FAX.023-673-9673

こんな方が来ていますCase

肩が痛い

肩が痛い・ルーズショルダー・中学生

中学生で肩が痛くボールが投げれないと言う事で来院をした。早速、問診をして身体を診てみると、訴えていた通りに方の周囲の筋肉の緊張が診られた。また、ほかの部分を診てみる。すると、当院で言っている「スポーツ障害のむち打ち」が診られた。

野球やバスケットボールなどの投げるスポーツに多く診られるのが、このルーズショルダーや野球肘である。これは、なぜこうなるのかと言う事をきちんと理解をしまいといけない代表的なものである。ただ単に使いすぎと考えてはいけない。それは、投げるホームをよく観察すれば理解ができる。通常、投球ホームでは、きちんと腕を上から降ろすことができる。しかし、これが出来なくなると必然的に腕が斜めから出てきたり、横から出てくるようになる。この状態が、ルーズショルダーや野球肘になりかけの状態なのである。

さて、何故そのようになるかというと先どの子で述べた「スポーツ障害のむち打ち症」が関与してくる。これは、当院でしか言っていない事である。なぜなら、通常の治療の場合だと原因を追究することではなく多くは対処療法をとることが多いからである。これは、残念ながらほとんどにみられる事である。この「スポーツ障害のむち打ち症」は、多くの症状を出してくる。最も多いのが「腰痛」である。通常の感覚であれば「腰痛か~」と思われがちである。しかし、この腰痛が厄介なのである。この影響により体の回転がうまくいかなくなり「手投げ」になる。その事で肩に負担が掛かり「ルーズショルダーや野球肘」が発生をするのである。つまり、肩や肘だけでなく腰の状態もきちんと治療しなければいけないと言える。これを行わないと状態が悪化することになる。

当院では、この「スポーツ障害のむち打ち症」に対する治療を行う。その症状により完治するまでの時間に差が出るが、きちんんとアプローチを行う。そのことにより良い結果が出うことは間違いないと思う。実際、先ほどの中学生にきちんとした治療を行った結果、良好で1度のアプローチで痛みは、なくなった。

 

ファミリー整体院より一言・・・🍀

ファミリー整体院では、一か所のみをアプローチするのではなく

全身を診ていきます。

そして、痛みの原因は全身を整えることが重要となる場合がほとんどです。

苦痛がなく生活できるようにサポートさせていただきます。

是非ご相談ください。

~ファミリー整体院~

山形市五十鈴3丁目11-21-2

予約制になっておりますのでご連絡お願い致します。

023-673-9683

予約フォーム
http://familyseikotuin.jp/contact/

 

HPのお問い合わせ・ラインアットからもご予約可能です!