お問い合わせはこちらまで

TEL.023-673-9683
FAX.023-673-9673

こんな方が来ていますCase

その他

身体がくねっている・曲がっている・50代・女性

50代女性が「生まれつき身体がくねっている」と言う事で来院をした。この「からだがくねっている」や「身体が曲がっている」は、生まれつきと言う事ではない。確かに生まれつきと考えられる事項もある。それは、明らかな先天性股関節脱臼を伴ったケースである。この場合は、歩く姿勢に特徴があり左右上下に体をゆするものになる。この他に関しては、違う理由を考えるべきである。

こう言った患者さん達に言えることは。もっと違う理由があるのでないかと言う事である。ここで1番重要視するのが「問診」「触診」である。「問診」に関しては、言わずとも分かると思うが最低限の情報を得る事にある。また、「触診」に関しては、ただ触診をするだけでなく同時に視診も行う事が大事である。

この患者さんにもこれらを行った。確かに、最初の一言が「生まれつき」であったが、きちんと診てみると違う事が分かった。それは、歩く姿勢やくねりの姿勢や圧痛部位を診れば良く分かる。こう言う患者さんに良く診られるのが「左の股関節の萎縮」や「右の股関節の萎縮」(筋肉が固まって曲げている状態や骨盤が偏っている状態)、歩く姿勢(ちょこちょこと歩く事や歩幅が極端に狭いなど)、圧痛部位(左首の付け根の痛み)である。これらは、この症状の原因が違うところにあると物語っているのである。この事をよく考えないで治療と言う事をすると結果的に手術や患者さんの諦めに至ってしまう。私の考えであるが、本来であればきちんと医者さん達と連携を持ち患者さんのことを考えて治療をすればよいのである。しかし、現状はそうなっていない。これは、本当に不幸なことである。

さて、この患者さんに対する治療方針である。まずは、きちんと身体を診てみる。すると、先ほど述べた症状が何点か当て嵌まっていた。それは、「左股関節の萎縮」「歩く姿勢」「左の肩の圧痛」であった。つまり、これらから判断をすると原因は幼少期にあるようであった。なぜなら、この症状は過去に何らかの刺激が身体に入ることでできるものであるからである。この事は、残念ながら世間には知られていない。その刺激とは、交通事故や転倒などで入るものである。これを科学的に理論的に説明をすることは非常に難しい。しかし、身体を診てみると明らかなのである。よって、この刺激によって出来た身体に対しての治療を行った。この治療は、交通事故のむち打ちの治療と同じことをする。なぜならば、それが最適だからである。ただし、これらに出来た身体の治療は、非常に時間が掛かることを説明しなくてはいけない。これも治療方針の一環である。

この患者さんは、1年ほど時間が掛かったが無事に普通に歩けるようになった。本人はもとより周りの人たちがびっくりしていた。

 

ファミリー整体院より一言・・・🍀

ファミリー整体院では、一か所のみをアプローチするのではなく

全身を診ていきます。

そして、痛みの原因は全身を整えることが重要となる場合がほとんどです。

苦痛がなく生活できるようにサポートさせていただきます。

是非ご相談ください。

~ファミリー整体院~

山形市五十鈴3丁目11-21-2

予約制になっておりますのでご連絡お願い致します。

023-673-9683

予約フォーム
http://familyseikotuin.jp/contact/

 

HPのお問い合わせ・ラインアットからもご予約可能です!

 

ファミリー整体院 Twitter

https://twitter.com/familyseitaiin