お問い合わせはこちらまで

TEL.023-673-9683
FAX.023-673-9673

こんな方が来ていますCase

運動によるスポーツ外傷

高校生・野球部・キャッチャー・定期的な身体のケアno.3

前回は、足関節の可動域(硬い)と言う事について述べた。この治療は、継続して行う事とする。これは、本人に伝えた。本人曰く「目標の動きがある」と言う事であった。

今回は、「手首を捻挫してから投げ方が変わってしまい肩が痛い」と言う事を訴えてきた。そこで、身体を診てみる。すると、この場合も多くの症状のそうであり、人の癖と言うのかどうかはわからない事であるが必ずと言って良いほど何かのせいにして理由を付けることがある。これは、根本的な理由を受けてこなかったからだと思われる。そこで当院では、必ず筋肉と体の因果関係をきちんと説明をする。この場合は、肩の周囲を構成している筋肉の緊張を説明をしながらそこから発生をする肘までの筋肉、また、肘から発生し指先まで到達する筋肉の圧痛を確認した。その圧痛を診ながら説明を開始した。まずは、肩の周囲の筋肉について「肩が巻いている状態」である事から腰から来ている筋肉が原因である。また、この事が要因となり方から肘までの筋肉が緊張しているため圧痛がある。そして、これらによって「腱鞘炎」となっており手首の可動域が悪くなっていることを順次説明をした。

この後、いつも通りの全身に対する治療を施した。その時に今回の件であった「手首を捻挫してから投げ方が変わってしまい肩が痛い」の事を解説しながら治療を施した。結果、本人の納得いくような状態になった。

このように患者さんに対して(特に子供に対して)症状を何でも良いからいう機会を与える事により大人を信じてくれるようになり素直に話をしてくれる事になる。実は、この事も子供の成長にとって最も重要な事である。それは、身体がつらく苦しいことをじっと我慢を強いることにより大人に対して素直に話をしなくなる。これが、どれだけ影響をするかを考えなければいけない。素直に話をしくれるようになった子供たちの表情を見るとそれが良く分かるのである。

 

ファミリー整体院より一言・・・🍀

ファミリー整体院では、一か所のみをアプローチするのではなく

全身を診ていきます。

そして、痛みの原因は全身を整えることが重要となる場合がほとんどです。

苦痛がなく生活できるようにサポートさせていただきます。

是非ご相談ください。

~ファミリー整体院~

山形市五十鈴3丁目11-21-2

予約制になっておりますのでご連絡お願い致します。

023-673-9683

予約フォーム
http://familyseikotuin.jp/contact/

 

HPのお問い合わせ・ラインアットからもご予約可能です!

 

ファミリー整体院 Twitter

https://twitter.com/familyseitaiin